庄内空港ビルショッピングサイト「庄内くぅ旅」商品カタログ
11/13

庄内あつみ関川のしな織古来から続く伝統の技術・文化を継承し、しな布の持ち味を維持しながら、更に時代の需要に応える製品の開発などが評価され、平成17年9月に「羽越しな布」が経済産業省の「伝統的工芸品」に指定されました。 一般の「伝統工芸品」とは違い、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づき、経済産業大臣より指定されているものです。 「羽越しな布」という名称は、山形県庄内地方の羽前の国、新潟県は越後の国、 この頭文字をとり「羽越しな布」としました。庄内あつみ関川のしな織+「菱屋Calen Blosso」「和」の感性、技術に、「洋」の機能性、ファッション性をミックスした菱屋オリジナルブランド「カレンブロッソ」と「羽越しな布」のコラボレーション商品。カフェぞうり カレンブロッソA 関川しな織協同組合 SO0023 サイズM¥33,480(税込・送料別)鼻緒サンダル カレンブロッソA関川しな織協同組合 SO0025 サイズM・L¥29,160(税込・送料別)しな織ブローチA関川しな織協同組合 SO0014¥2,700(税込・送料別)しな織 6枚カード入長財布関川しな織協同組合 SO0002 ¥7,884(税込・送料別)しな織 二つ折財布関川しな織協同組合 SO0007¥6,156(税込・送料別)しな織り 名刺入れ関川しな織協同組合 SO0004¥4,536(税込・送料別)鶴岡シルクkibiso -きびそ-古蚕が繭を作る時、はじめにだす糸、きびそ。「きびそ」には水溶性の蛋白質セリシンが豊富に含まれ、高い保湿力、紫外線吸収力、そして抗酸化作用があると言われ、スキンケアの成分としても利用されています。プロデューサーに岡田茂樹さん、テキスタイルデザイナー須藤玲子さんを迎え、鶴岡織物工業協同組合はこれをkibisoとしてブランドデビューさせました。 デザイン/監修世界的なテキスタイルデザイナー“須藤玲子氏”やグラフィックデザイナー“佐野研二郎氏”が鶴岡をイメージしてデザインしました。須藤玲子氏がデザインした作品はニューヨークのスミソニア博物館・ク―パヒューイット美術館やセントルイス美術館にて展示され永久保存されています。kibiso ストール Rinoボーダー(白)鶴岡シルク(株) KD0018 23×170㎝ ¥10,800(税込・送料別)kibiso ストール Rinoボーダー(黒)鶴岡シルク(株) KD0022 23×170㎝ ¥10,800(税込・送料別)kibiso ストール しましま(黒)鶴岡シルク(株) KD0033 54×200㎝ ¥14,040(税込・送料別)kibiso ストール しましま(青)鶴岡シルク(株) KD0034 54×200㎝ ¥14,040(税込・送料別)鶴岡シルク庄内藩十四万石の城下町として栄えた山形県鶴岡市ここは日本の最北限の絹産地です。蚕種にはじまり絹織物の製品化まで一貫した工程がこの地に集約されています。日本伝統のモノづくりへこだわり、鶴岡シルクを創り続けています。シルクチーフ「HIKOUKI」鶴岡シルク(株) KD0005 45×45cm ¥1,944(税込・送料別)シルクチーフ「TSURU TO OKA」鶴岡シルク(株) KD0004 45×45cm  ¥1,944(税込・送料別)ブックカバー A6版サイズ「ORIZURU」鶴岡シルク(株) KD0072 ¥1,944(税込・送料別)ブックカバーA6版サイズ「SUUJI」鶴岡シルク(株) KD0068 ¥1,944(税込・送料別)

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る