このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




鶴岡には世代を超えて栽培されている珍しい「野菜」「穀物」「果樹」「花」が多く、山形県内には150種類以上もあります。このような作物には、歴史的な物語があり、特定の伝統料理に用いられています。

いちご

刈屋梨

赤ねぎ


つや姫
日本のお米のルーツをたどっていくと、庄内のお米にたどりつきます。
日本で広く栽培された「亀の尾」は庄内で生まれました。全国で作られている「コシヒカリ」や「ササニシキ」そして「はえぬき」も、すべて「亀の尾」の子孫なのです。
鳥海山や出羽三山から溢れる豊富な伏流水と、庄内平野の肥沃な土壌が、食味を向上させ美味しいお米が育っています。
庄内平野で育てられている庄内米は、山形ブランド米「つや姫」のほか、「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」、「でわのもち」などがあります。


メロン
庄内砂丘は人気のある「アンデスメロン」などをはじめ、日本でも有数のメロンの産地です。
夏には収穫したメロンを販売するお店が多く並びます


庄内柿
100年以上の歴史を誇る「庄内柿」は、庄内藩の家老の子酒井調良氏がこの柿の特性を評価し、庄内地方一円に栽培の普及を図り多く栽培されるようになりました。大正時代の終わりに皇太子殿下が来庄された際に「庄内柿」として献上したことで、「庄内柿」は庄内ブランドとして全国に名前が知られるようになりました。


だだちゃ豆
酒井の殿様が「こんなうまい豆を誰が作ったのか」と尋ね、家来が「小真木のだだちゃが作ったのでがんす」とお答えした。
それ以来、殿様は「小真木のだだちゃの豆を食いたい」としばしば言うようになったというお話から「だたちゃ豆」の名前が生まれたと伝えられています。夏の庄内ではいつも食卓に出される「だだちゃ豆」は、茹で始めから良い香りが漂い、食欲をそそります。