このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





酒田港
酒田港は国際・国内における海上輸送網の拠点となる港として国の重点港湾に指定されています。
輸出入の多くは、中国、オーストラリアなどからの石炭の輸入が多くの割合を占める一方、コンテナ貨物についてはリサイクル関連貨物の輸出入や食料の輸入などで世界各国の港と結ばれています。
貨物のみならず人と人との新たな出会いの絆の場を提供するのも港の大きな役割として、客船の入船も多くなっております。


鶴岡シルク
鶴岡市は日本有数のシルクの産地です。養蚕(ようさん)は、明治維新で庄内藩士が刀を鍬に持ち替え、開墾場をつくり、製糸を始め、やがて絹織物へと育てていきました。
歴史と物語を紡いできた鶴岡シルクは、養蚕から染色という一連の絹製品の工程をすべて地域の中で製造できる、日本でも稀有(けう)な存在です。
庄内藩士が開墾した「松ケ岡開墾場」は、現在資料館として公開されています。


庄内の地酒
東北銘醸株式会社
東北銘醸株式会社では、豊富な地下水を利用して美味しい日本酒が造られています。
東北銘醸 初孫の日本酒は、全国選抜清酒品評会第1位、全国新酒鑑評会の金賞受賞に続き、全米日本酒歓評会金賞を受賞しました。

また、「蔵探訪館」では日本酒ができるまでの工程をご覧になり、「東北銘醸 初孫」の日本酒を試飲することができます。